KURAND株式会社コーポレートサイト ミッション・バリュー「お酒の新しい価値をつくり、世界中のあらゆる人々の人生に、楽しさ、豊かさ、幸せを届ける」KURAND株式会社コーポレートサイト ミッション・バリュー「お酒の新しい価値をつくり、世界中のあらゆる人々の人生に、楽しさ、豊かさ、幸せを届ける」

会社紹介資料

メンバーインタビュー

商品チーム
マネージャー

H.AOTO

経営管理チーム
公認会計士

T.ONO

広報

A.TOYAMA
コミュニケーションチーム
広報

A.TOYAMA
「この感動をもっと多くの方に知ってほしい」という想い

新卒で入社して4年目になります。大学3年生の秋頃、就活のタイミングで日本酒が好きになり、「この感動をもっと多くの人に知ってほしい」という想いからお酒の業界に興味を持ち、KURANDを知りました。実際に直接話を聞いてみたとき、将来のビジョンや考え方に共感し、感動したのを今でも覚えています。しかしKURANDは当時、新卒採用を行っていませんでした。まだお酒の知識も無かったので、まずは直営店舗のアルバイトスタッフとして、1年半ほど働きながらお酒の知識を身に着け、大学卒業と同時に入社しました。その後、直営店舗の店長を2年ほど勤め、今の業務である広報を担当するようになりました。

広報は接客以上に多くの方に情報を届けることができる仕事

KURANDの広報を担当をしています。元々接客が好きで、デスクワークが苦手だったのと、新卒から接客業しか経験が無かったので、最初はとても戸惑いました。しかしやってみると、対面か非対面かの違いだけで、私の根本にあった「この感動をもっと多くの人に知ってほしい」という部分は変わることなく、むしろ今まで以上に多くの人に情報を届けることができる仕事だと感じています。初めての業務に挑戦する日々ですが、困ったときに誰かに助けを求められる環境で、成長できてると感じています。初対面の人と話した時にKURANDを知っていると言ってもらえると、少しずつ知名度が上がっていることを実感します。テレビや新聞、雑誌などのメディアでKURANDが紹介されたときに、「見たよ」と連絡をもらう瞬間にとてもやりがいを感じます。

大好きな着物を着て出勤。KURANDの商品をネイルやイヤリングにも

KURANDはとても自由な社風だと感じています。服装や髪型が自由ということもあり、社員一人一人が自分の好きなファッションで働いています。私は着物を着るのが趣味なのですが、コロナ禍で着る機会が減っていたので思い切って着物を着て出勤してみたところ、受け入れてもらえました。それ以降、週に一度、着物出勤をしています。髪型やネイル、アクセサリーも自由なので、大好きなKURANDの商品を、ネイルやイヤリングなどのアクセサリーにして身に付けたりと、とても自由に楽しんでいます。

新しい自分の可能性を見つけることができる会社

入社当時は、まさかこんなに様々な業務を入社3年で任せてもらえるようになるとは思っていませんでした。KURANDにいなければ、自分から広報という仕事に興味を持つことはなかったと思います。しかし、実際に挑戦してみると自分に合った仕事に出会えたと日々感じています。KURANDは様々なことに挑戦し、新しい自分の可能性を見つけることができる会社だと思います。お酒が好きな方、ぜひ一緒に働きましょう!

閉じる
経営管理チーム
公認会計士

T.ONO
監査法人を経てミッションを共に達成するためにKURANDへ

監査法人での経験を踏まえ、経営に関わる仕事がしたいと考えました。私の趣味の一つであるお酒で会社を探していたところ、KURANDと出会いました。新型コロナウイルスの影響もあり、一次面接はオンラインによるものでしたが、二次面接は直接会社(当時は元酒屋跡地のオフィス)に伺い、代表と現在の直属の上司との面接を行いました。面接を通じて、KURANDのミッションである「お酒の新しい価値をつくり、世界中のあらゆる人々の人生に楽しさ、豊かさ、幸せを届ける」に非常に共感したため、このミッションを共に達成すべく入社しました。

バックオフィスとしてメンバーの下支えになり、会社の未来をつくっていく

お金周りに関すること全般を担当しています。会社の経理実務、経理に関するルールの設定、金融機関との交渉や、会社の内部統制の構築も行っております。内部統制は、会社のメンバーがいかにミスなく、止まることなく、気持ちよく仕事をできる環境を作るかになりますので、メンバーにも協力してもらってます。監査法人時代は会社の内容をチェックする立場であったところから一転、私自身が実務を行うことになったので、外部からの見られ方、実務の難しさは日々実感しています。一方で非常にやりがいも感じています。

距離が近く風通しの良い社風

明るくてラフな社風です。これはいろいろな場面であって、例えば服装は基本的に自由です。私はスーツやジャケットスタイルが好きなので比較的しっかりとした恰好をしていますが、パーカーやTシャツ、和服を着ているメンバーもいたりします。また、役員と社員の距離が近いのは非常にいいことだと感じています。大企業では難しい、各種言いたいことについても言いやすく、それが風通しのよい社風につながっているのだと思います。一方で費用等について、締めるところはしっかりと締めるという形になっているため、ラフな中にもメリハリがあると感じています。

お酒好きであれば楽しく成長できる仕事ができる

企業には、様々な業種、業態、そしてフェーズがあります。今、KURANDに興味を持ってくれていることは1つの巡りあわせ、縁だと思いますので、ぜひ一緒に働ければと思います。私は上述の通り経理や財務側のバックオフィスですが、どの部署に入社なされる方も、お酒が好きでやりたいことが明確であれば楽しく、そして成長できる形で仕事ができると思います。応募をお待ちしております。



閉じる
商品開発チーム
マネージャー

H.AOTO
会社のミッションと自分のミッションが同じベクトルにあった

生まれが島根県の酒蔵です。酒蔵に戻り、蔵人として初めて日本酒を造った時、その美味しさに感動しました。それからは「日本酒ってこんなに美味しいんだ」と自分が感動したその味わいを、等身大で多くの人たちに届けたいと思いながら、酒造りから商品開発、営業まで行いました。KURANDにジョインする時も、会社のミッションと自分自身のミッションが同じベクトルにあったこと、酒蔵での経験をより広い領域で生かすことができると思ったこと。この2点から入社を決めました。

一人でも多くのお客さまに喜んでいただける商品を

主に商品の開発と管理を担当しています。どんな商品をつくればお客さまに喜んでいただけるか、企画立案からお酒のレシピ開発、ネーミング、パッケージデザイン、ビジュアルの開発まで実行しています。機械製品ではなく、全国各地の酒蔵が手作業でつくる伝統工芸品なので、造り手である酒蔵の思いや個性を大切に商品化しています。また開発した商品に対するお客さまの声を集め、パートナー酒蔵にフィードバックすることで品質の改善や向上にも取り組んでいます。商品開発を始めた当初は課題も多くありましたが、造り手であるパートナーの酒蔵と議論しながら開発、改善を繰り返した経験は今の自分の財産になっています。今後も一人でも多くのお客さまに喜んでいただける商品を、一つ一つ大切に生み出していければと思います。

助け合いながらチームで高い目標に挑戦する

お酒を扱う会社なのでお酒好きが多い会社です。ただお酒好きと言ってもお酒の業界にいたメンバーは少ないため、みんな純粋に飲むことが好きですね。開発した商品をみんなで飲みながら、どう伝えたらもっと商品の魅力が伝わるか、お客さま目線で、チームを超えて議論したりもしています。また会社のバリューの「チームクランド」を大切にした会社です。それぞれのメンバーが役割の中で個性を発揮し、尊重し、助け合いながらチームで高い目標に挑戦する意識は強いと思います。若いメンバーが多いのもあり、仕事のスピード感も特徴だと思います。

お酒の新しい価値を共に創造する仲間

KURANDは「お酒の新しい価値をつくり、世界中のあらゆる人々の人生に、楽しさ、豊かさ、幸せを届ける。」をミッションに掲げていますが、お酒の新しい価値をつくることは簡単ではなく、失敗や反省も多く大変なことも多々あります。ですが、お客さまの人生を彩るようなお酒体験を考え、酒蔵をはじめ多くのステークホルダーと共にそれを実現した時の達成感は掛け替えのないものです。答えのない仕事が多いので、悩み苦しみながらもやり切る力をつけるために、普段から自分で考え決めたことをやり切ることを意識してください。お酒の新しい価値を創造できる仲間と、一緒に働けることを楽しみにしています!



閉じる

採用ブログ

採用に関してのブログはこちらから。

採用ブログ

募集ポジション

該当ポジションがない場合でも、とりあえず話を聞きたいというご要望も大歓迎です。まずはオープンポジションからご応募ください。

一覧を見る